for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏の12月CPI改定値は前年比-0.2%、物価下落が確定

 1月16日、欧州連合統計局が発表した12月のユーロ圏消費者物価指数改定値は、前年同月比で0.2%低下、前月比では0.1%低下。写真はドラギECB総裁、2014年12月撮影(2015年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ブリュッセル 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が16日に発表した12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改定値は、前年同月比で0.2%低下、前月比では0.1%低下で、速報値から変わらなかった。市場予想とも一致した。

ユーロ圏の物価は2009年以来初のマイナスに転じた。物価下落が確定したことを受け、欧州中央銀行(ECB)が来週、国債の買い入れを含めた量的緩和(QE)策に踏み切る、との見方が強まりそうだ。

ユーロ圏のCPI伸び率が前回マイナスとなったのは、2009年10月で、このときにはCPIは前年同月比で0.1%低下していた。

原油の国際価格急落を反映し、12月はエネルギー価格が前月比で3.3%下落し、前年同月比では6.3%下落した。輸送用燃料は前年同月比10.8%下落し、暖房用油は前年同月比20.4%下落した。

ただ、エネルギーと未加工食品を除くコアCPIは前月比0.3%上昇、前年比0.7%上昇。上昇率は10月、11月と同じとなった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up