for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

菅長官「常識通用しない集団」、ヨルダン軍パイロット殺害を非難

 2月4日、菅義偉官房長官は午前の記者会見で、イスラム国が拘束していたヨルダン軍パイロットを焼殺した映像をインターネット上で公開したことについて、「一般の常識では考えられない許し難いテロ集団」と犯行グループを強く非難した。写真は、菅官房長官、2日撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 4日 ロイター] - 菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、イスラム国が拘束していたヨルダン軍パイロットを焼殺した映像をインターネット上で公開したことについて、「一般の常識では考えられない許し難いテロ集団」と犯行グループを強く非難した。

問題の映像では、檻の中に入れられたヨルダン軍パイロットのムアズ・カサスベ氏が生きたまま焼き殺された上、遺体の上からがれきが落とされる様子が映されている。カサスベ氏はこれまでヨルダン政府がイスラム国に対して解放を求めていたが、安否の分からない状態が続いていた。

ヨルダン国営テレビによると、同国政府はカサスベ氏が1月3日に殺害されたことを確認したという。

菅官房長官は会見で、すでにカサスベ氏が殺害されていた可能性が高いとの情報を把握していたかと問われ、「そういうさまざまな情報はあったが、内容については控えたい」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up