for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

背広組優位の規定廃止、中谷防衛相「文民統制強化につながる」

 2月24日、中谷元防衛相は、防衛省の背広組が制服組よりも優位に立つとの解釈の根拠になってきた防衛省設置法12条を改正することについて、文民統制(シビリアンコントロール)の強化につながるとの認識を示した。昨年12月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - 中谷元防衛相は24日の閣議後会見で、防衛省の背広組が制服組よりも優位に立つとの解釈の根拠になってきた防衛省設置法12条を改正することについて、文民統制(シビリアンコントロール)の強化につながるとの認識を示した。

12条は自衛隊の幕僚監部に対する防衛相の指示や監督を、背広組である内局の官房長と局長が補佐すると規定している。防衛省はこの取り決めを廃止する改正案を今国会に提出予定。背広組と制服組が対等に大臣を補佐することになる。

制服組に対するチェック機能が低下する可能性を危惧する声もあるが、中谷防衛相は「(背広組の)政策的見地からの補佐と、(制服組の)軍事的見地からの補佐を相まってやることで、文民統制がより一層強化されるのではないかという結論に至った」と述べた。

文民統制は、国民に選ばれた政治家が軍人を統制する民主国家の制度。日本はさらに防衛省設置法12条を定め、防衛官僚が自衛官よりも優位に立つ仕組みを導入している。

防衛省は12条の改正と同時に、実際に部隊を動かす運用部門を自衛隊の統合幕僚監部に集約する方針。内局の運用企画局は廃止される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up