for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル/円一時7年8カ月ぶり122円台:識者こうみる

[東京 10日 ロイター] - 10日の外為市場で、ドル/円は昨年12月8日の直近高値121.86円を上抜け、一時122.04円まで上昇。2007年7月以来、7年8カ月ぶりの高値をつけた。市場関係者の見方は以下のとおり。

 3月10日、外為市場で、ドル/円は昨年12月8日の直近高値121.86円を上抜け、一時122.04円まで上昇。2007年7月以来、7年8カ月ぶりの高値をつけた。(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

<FXプライムbyGMO 常務取締役 上田眞理人氏>

前日ニューヨーク株が反発したため、海外勢の間では朝方からドル買い気運が高まっていた。そこへ、早めの利上げを促す米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁のコメントが伝わり、ドル買いが広がった。

きょうのドル買いの主体は海外勢で、本邦勢のドル買いは進んでいない。

輸入勢は引き続きドル調達が遅れている。一方で、輸出勢はこのままドル高が続けば、ヘッジ外し(ドルの買い戻し)に動く可能性が高く、そうなれば、ドル高のモメンタムが増幅するだろう。

また、押し目買いの機会をうかがっていた国内投資家は、ドルを買う水準を上方修正して121円台前半でドル手当てに動く公算が大きく、ドル/円の押し目は限定的なものになりそうだ。

来週には米連邦公開市場委員会(FOMC)の開催も控え、ドル高が一本調子に進むとも思わないが、基本的にドルが強い状況は継続するとみられ、次は2007年6月高値の124.14円を目指す展開となるだろう。

<プレビデンティア・ストラテジー 外為ストラテジスト 山本雅文氏>

米雇用統計等の労働市場データから判断して、米労働市場のスラックは順調に縮小しており、米国ではいつか賃金上昇圧力が具現化する可能性が高まっている。

こうしたなか市場では、米連邦準備理事会が早めに金利を引き上げるとの見方が広がっている。具体的には、今月のFOMCで「patient(忍耐強く)」の文言を削除し、いつでも利上げできる環境を整え、早ければ6月にも利上げを開始するとのシナリオの現実味が増している。

こうした見方を背景に、前週末の雇用統計後、ドルは円以外の通貨に対して約1%上昇したが、対円では0.5%程度しか上昇していなかった。きょうのドル/円の上昇は、ドル高相場に出遅れ気味だったドル/円がドル対他通貨の値動きにキャッチアップしたものと言えるだろう。

3月末までの予想レンジは119―125円。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up