for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ラルフローレン、ロゴ問題で米国ポロ協会を提訴可能=米連邦地裁

 3月31日、米国ポロ協会(USPA)が、米アパレル大手ラルフローレンの馬に乗ったポロ選手のマークに酷似したロゴを使用している問題で、米ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁は30日、ラルフローレンがUSPAを不服従罪で訴えてもよいとの判断を示した。写真は、米国ポロ協会(USPA)の看板、30日撮影(2015年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米国ポロ協会(USPA)が、米アパレル大手ラルフローレンRL.Nの馬に乗ったポロ選手のマークに酷似したロゴを使用している問題で、米ニューヨーク・マンハッタンの連邦地裁は30日、裁判所命令を無視または侮辱する行為だとして、ラルフローレンがUSPAを不服従罪で訴えてもよいとの判断を示した。

リチャード・サリバン判事は、USPAがニューヨークの繁華街タイムズ・スクエアなどの小売店やオンライン店舗の宣伝に利用する「2人の騎手」のロゴが、馬に乗ったポロ選手1人を配したラルフローレンのロゴに似すぎていると指摘した。

ラルフローレン側はUSPAの描写について、2人の騎手を不鮮明に重ねているように見えると主張しており、サリバン判事は「明らかに2005年の陪審評決、および12年の差し止め命令で禁止された商標であるように思われる」と結論付けた。

ただ、仲裁人がラルフローレン側の請求に対して仲裁手続きに入るかどうか結論を出すまでの間は、訴訟の進行を停止することを決めた。

ロゴをめぐって双方は1984年から訴訟で争っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up