for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ローソンと佐川急便が業務提携、コンビニ拠点に宅配

 4月7日、ローソンと佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(京都市)は業務提携し、コンビニ店舗を拠点に宅配事業を行うことが分かった。都内で2008年7月撮影(2015年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 7日 ロイター] - ローソン2651.Tと佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(京都市)は業務提携し、コンビニ店舗を拠点に宅配事業を行うことが分かった。共同出資で新会社を設立する。

新会社は「SGローソン」で、ローソンが51%、SGホールディングスが49%を出資する。新会社が佐川急便の荷物やコンビニ商品をを宅配するほか、配達先でコンビニ商品の注文を受けるなど「御用聞き」も行う。

6月に東京都内の20店舗でサービスを始め、将来は全国的に広げる方針。

両社は、7日午後2時から記者会見を行う。ローソンの玉塚元一社長とSGホールディングスの町田公志社長が出席する。

清水律子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up