for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

3月のサウジ原油生産は過去最高水準、生産能力の拡大など背景

 4月8日、サウジアラビアの原油生産が、国外製油所からの予想以上に力強い需要とサウジ国内での生産能力拡大を背景に過去最高水準に達している。写真はヌアイミ石油鉱物資源相、2014年11月撮影(2015年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[リヤド 8日 ロイター] - サウジアラビアの原油生産が、国外製油所からの予想以上に力強い需要とサウジ国内での生産能力拡大を背景に、過去最高水準に達している。

サウジのヌアイミ石油鉱物資源相は7日遅く、同国の3月の原油生産が日量約1030万バレルになったと明らかにした。1980年代初頭以降の統計によると、最近のピークである2013年8月の日量1020万バレルを上回る水準となる。

米シェール資源の開発業者やロシアの資源大手など、高コスト生産者の市場シェアの拡大を食い止めたいサウジの意向が、生産増に反映されている。サウジや他の石油輸出国機構(OPEC)加盟国は、価格下支えのための減産を拒んでいる。

また、最終消費者の燃料需要も予想以上に強く、世界全体で製油所の利益率は数年来の高水準となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up