for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク「iPhone6」15%程度値上げへ、円安影響

 4月13日、ソフトバンクは14日からアップルの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone6」と「iPhone6 Plus」の機種代金を値上げする。都内で昨年12月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - ソフトバンク9984.Tは14日からアップルAAPL.Oの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone6」と「iPhone6 Plus」の機種代金を値上げする。関係者によると、値上げ幅は15%程度で、分割払い(24回)の場合は月500円程度の値上げとなる。ただ、4月中は毎月の利用料金から一定額を割り引く「月月割」を増額するため、同月中に契約すれば消費者の実質負担は変わらないもようだ。値上げは円安の影響が大きいという。

iPhone6の機種代金をめぐっては、NTTドコモ9437.Tが4月1日付で値上げに踏み切ったほか、KDDI(au)9433.Tも値上げする方向にあり、円安による輸入価格の上昇は人気スマホのiPhoneにも及んでいる。

志田義寧

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up