for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均反落し2万円割れ、米景気不安で一時300円超下落

 4月30日、寄り付きの東京株式市場で日経平均は反落。節目の2万円を割り込んみ、その後一時300円超下落した。東京証券取引所で3月撮影(2015年 ロイター/YUYA SHINO)

[東京 30日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は反落。前営業日比で200円を超す下げとなり、節目の2万円を割り込んだ。その後、一時300円超下落した。

米景気に対する不透明感から29日の欧米株が下落した流れを引き継ぎ、売りが先行。トヨタ7203.Tやキヤノン7751.Tなど主力株中心に軟調な銘柄が目立っている。下値では押し目買いなどが見込まれるが、日銀金融政策決定会合の結果を見極めたい投資家も多く、積極的には動きづらいという。

寄り前に発表された3月鉱工業生産は前月比0.3%の低下となった。ロイターの事前予測調査(前月比2.3%低下)を上回ったが、市場への影響は限定されている。

寄り付き 前営業日比

日経平均.N225 19847.50 -211.45

日経平均先物中心限月2JNIc1 19800 -240

杉山容俊

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up