for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米アップル、地図ソフト「マップス」改善へ 各地に撮影車投入

 6月10日、米アップルは10日、自社製地図ソフト「マップス」の改善に向け、撮影機器を搭載した車両を世界各地で走らせると明らかにした。写真は、米アップルのロゴ、4月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[10日 ロイター] - 米アップルAAPL.Oは10日、自社製地図ソフト「マップス」の改善に向け、撮影機器を搭載した車両を世界各地で走らせると明らかにした。

アップルはウェブサイトで、6月15─30日に車両が走行する場所として、アイルランド、英国、米国の複数の都市が含まれると説明している。

プライバシーを保護するため、撮影された人の顔や自動車のナンバープレートは公開前にぼかしを入れるという。

アップルが投入するこの車両により、マップスはグーグルGOOGL.Oの街並み画像サービス「ストリートビュー」と類似した機能を提供することが可能となる。

ストリートビューは公道からのパノラマ画像を閲覧できるサービスで、2007年に始まった。人の顔やナンバープレートは、自動検出してぼかしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up