for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

家計の金融資産、9月末は1752兆円 企業の現預金が過去最高

 12月19日、日銀が19日に発表した2016年7─9月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は9月末時点で1752兆円となり、前年に比べて0.6%増加した。2011年8月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 19日 ロイター] - 日銀が19日に発表した2016年7─9月期の資金循環統計によると、家計が保有する金融資産残高は9月末時点で1752兆円となり、前年に比べて0.6%増加した。株価の持ち直しによる評価額の増加などから3四半期ぶりの増加となった。企業が保有する現金・預金(現預金)の残高は同8.5%増の246兆円となり、過去最高を更新した。

家計の金融資産の内訳をみると、過半を占める現預金が同1.4%増の916億円と引き続き増加基調にある。投資信託と株式等はそれぞれ同3.3%減、同2.2%減となったが、前回の6月末からマイナス幅が縮小。株価の持ち直しによる評価額の増加を反映した。

一方、家計の負債は9月末に385兆円となり、こちらも増加を続けている。借り入れが319兆円を占めており、このうち住宅関連の借り入れが202兆円と過去最高に達している。

*内容を追加します。

伊藤純夫

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up