for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェイスブックCEO、疑問を呈しながらも顧客情報の共有支持

 12月5日、米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、外部のソフトウェア開発者に顧客データの閲覧を許可するビジネス上の理由を疑問視しながらも、2012年に閲覧を許可する方針を支持していたことが、公表された社内メールで明らかになった。写真はパリで5月撮影(2018年 ロイター/Charles Platiau)

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米フェイスブックFB.Oの個人情報流出問題を巡り、同社のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、外部のソフトウェア開発者に顧客データの閲覧を許可するビジネス上の理由を疑問視しながらも、2012年に閲覧を許可する方針を支持していたことが、5日公表された社内メールで明らかになった。

この決定により、アプリ開発業者が翌年、約8700万人のフェイスブック利用者の情報を収集。この情報が英政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカに流れていた。

ザッカーバーグ氏は5日、フェイスブックへの投稿で、自分の選択を後悔しているとコメント。1年早く断固たる措置を取っていれば、情報流出問題を避けられたかもしれないとの認識を示した。

英政府の調査委員会が入手したザッカーバーグ氏の2012年の電子メールを見ると、顧客情報をどの程度他社と共有するかを巡り、社内で議論が重ねられていたことがうかがえる。[nL4N1YA4KF]

ザッカーバーグ氏は当時のメールで「理論上、情報は欲しい。だが、開発者が当社に提供する情報は実際に価値があるのか」と記していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up