for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU、イランと核合意巡り近く協議 日程は未定=ボレル上級代表

欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は18日、イランとの核協議再開の可能性を巡り、EUとイランの外交官が近く会合を持つことに期待を表明した。写真はボレル氏。5日撮影(2021年 ロイター/Frederick Florin)

[ルクセンブルク/ワシントン 18日 ロイター] - 欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表は18日、イランとの核協議再開の可能性を巡り、EUとイランの外交官が近く会合を開くことに期待を表明した。しかし具体的な日程なまだ決まっていないとし、21日にブリュッセルで会合が開催されるという報道を否定した。

イランとの協議を仲介するモラEU主席調整官は先週、イランにはウィーンで開かれる核プログラムに関する協議に復帰する準備はまだできておらず、まずEUとブリュッセルで向こう数週間以内に協議を行う意向を持っていると明らかにしていた。

イランのファルス通信は、同国の外相と会談した議員からの情報として、EUとの協議が21日に開かれる可能性があると報じていた。

ボレル氏は、イランとの協議を巡り一段と楽観的になっているとし、「まだ確認はできないが、状況は改善しており、数日中にブリュッセルで準備会合を行えると期待している」と述べた。

ただ、ウィーンで行われる協議以外で真剣な話し合いが行われる可能性を否定。「イラン側に早期に交渉の場に戻るよう呼び掛けた」と述べた。

米国務省のプライス報道官は、ウィーンで再開される協議の準備段階として、ブリュッセルで行われるEUとイランとの間の協議は不要と表明。

ワシントンで記者団に対し「われわれが目指しているのはウィーンであり、ブリュッセルで行われる準備協議ではない」とし、関係各国はウィーンでの協議を可能な限り速やかに再開させる必要があると見解で一致していると述べた。

イランのライシ大統領はこの日、核合意再建に向けた協議について国営テレビで「われわれは結果重視の交渉に真剣に取り組んでいる。米国が真剣ならイランに対する不当な制裁を解除すべきだ」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up