for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
コラム

コラム:中国の人口は21年ピークか、打開策は若年層への給付

[香港 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の人口は、予想よりずっと早い2021年にピークを迎えた可能性がある。政府は高い生計費など、出生率を抑えている根本原因への対策を優先し続けるかもしれない。しかし、政治的な節目である今年の景気を押し上げたいなら、若い世帯への助成措置など痛みの少ない対応を採る方が現実的だろう。  

 中国の人口は、予想よりずっと早い2021年にピークを迎えた可能性がある。写真は北京の高齢者向け介護施設で2021年5月撮影(2022年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

17日に発表された中国の人口統計は傷口に塩を塗る格好となった。折しも昨年第4・四半期の国内総生産(GDP)成長率は大幅減速し、ノムラは3月までに成長率が2.9%に落ち込む可能性を予想している。これは政府当局が通常許容できる水準よりはるかに低い。

2021年の人口は、出生率から死亡率を差し引いた「自然増加率」がわずか0.034%と、前年の0.145%から低下した。つまり人口14億人の中国において、1年間に50万人弱しか国民が増えなかったということだ。これは多くの地域で既に、人口が減少に転じていることを示している。

高齢化は予想以上のスピードで進んでいる。2017年の国家計画では、人口がピークを迎えるのは2030年ごろと予想されていた。このため当局は、子育てコストの引き下げに熱心に取り組んできた。習近平国家主席は昨年、住宅市場の取り締まりを強化し、学習塾産業を一夜にして非営利化してしまった。

だが、今年は5年に1度の指導部刷新が行われる共産党大会を秋に控え、景気への懸念が台頭。このため、そうした厳しい措置の魅力は薄れる可能性がある。

若い世帯に現金や税控除の形で助成する方が、現実的かもしれない。多くの国々と異なり、インフレ率が低水準を維持している中国では、なおさらだ。四川省攀枝花(はんしか)市は昨年、第2子か第3子をもうけた親に月額78ドルを支給する措置を導入したが、追随する地方自治体はほとんどみられない。原因はおそらく、自治体の財政ひっ迫にある。

スーチョウ証券のエコノミスト、レン・ゼピン氏は自身のソーシャルメディアアカウントで、中国人民銀行(中央銀行)は毎年2兆元(約3140億ドル)を「刷って」出生率向上のための基金に提供すべきだと訴えたが、その後にアカウントを凍結された。デリケートな問題であることを示した。

助成措置を講じても、中国の大都市に住む若者には限界的な効果しかもたらさないだろう。都市部の若者は仕事のストレスや自立心の芽生えから、結婚して出産することに消極的だ。

とは言え、助成措置があれば一時しのぎにはなるだろう。著名な生殖科学者、イー・フーシアン氏によると、ロシアでは2007年に住宅補助など一連の支援措置が導入され、その後の8年間は出生率が上がった。少なくとも貧しい世帯には恩恵が及ぶということだ。

●背景となるニュース

*中国国家統計局が17日発表したデータによると、中国本土の人口は2021年に約48万人増え、14億1260万人となった。

*移民を除く人口の自然増加率は0.034%にとどまった。ロイターによると、これは1960年以降の最低水準。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up