for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

円安・株高に急ブレーキ、米「1人勝ち」に陰りでリスクオフ

[東京 2日 ロイター] - 円安・株高相場に急ブレーキがかかった。米経済ピークアウトの可能性を示唆するマクロ指標が発表され、米経済「1人勝ち」ストーリーに陰りが出てきたとの思惑が広がったためだ。株式や新興国通貨などが売られ「安全資産」の国債などが買われるリスクオフが加速。

 10月2日、米経済ピークアウトの可能性を示唆するマクロ指標により、米経済の楽観論に陰りが出てきたとの思惑から、円安・株高に急ブレーキがかかった。自由の女神と観光客。ニューヨークで9月撮影(2014年 ロイター/Mike Segar)

日欧中の経済が弱く、相対的な米経済の強さに変化はないため、ドル高/円安トレンドは続くとの見方も依然多いが、強気一辺倒だった市場心理に動揺が見え出した。

<先行指標の勢い減速>

米国では、これまでも弱い経済指標はみられた。だが、それは住宅関連や雇用の一部の指標が多く、生産や消費などのデータは好調さが維持されていたことで、いずれ住宅や雇用も改善していくという予想が根強かった。しかし、足元で目立ち始めているのは、生産や消費のピークアウトを示唆する指標だ。

9月米ISM製造業景気指数は、6月以来の低水準となる56.6にとどまった。50が分岐点なので、依然として高いレベルにあるが、市場の警戒感を強めたのは新規受注が66.7から60.0に急低下したことだ。先行指標の急減速に「拡大傾向は持続したものの、モメンタム(勢い)はピークを過ぎた可能性がある」(外資系証券エコノミスト)との見方が広がった。

消費も弱い。9月米コンファレンス・ボード(CB)消費者信頼感指数が5月以来の低水準となったうえ、9月米自動車販売も年率(季節調整済み)1643万台と前月の1750万台から減少。夏場にかけて見られた勢いは鈍りつつあると受け止められた。

三菱東京UFJ銀行・シニアマーケットエコノミストの鈴木敏之氏は「米経済がこれから落ちていくということではない。ただ、2009年から始まった景気回復期がもう5年になり、成熟度も増している。先行き、米経済の勢いがこれ以上増すわけではなさそうだ」との見方を示す。

欧州や中国、日本の経済は勢いが鈍い一方、米国は堅調として、ここまで投資家の多くはドル高ストーリーを描いてきた。しかし、ピークアウトを示唆する経済指標が出始め、ストーリーの見直しを迫られている。ドル調整が始まったとの見立てるなら「円安が唯一の拠り所だった」(国内証券)といわれる日本株が反落基調に入っても、不思議ではない。

<貿易赤字背景にドル/円に底堅さも>

ただ、米経済は相対的にみれば堅調だ。9月米消費者信頼感指数(確報値)が14カ月ぶりの高水準となるなど、堅調なデータも多い。

経済協力開発機構(OECD)が9月に公表した2014年と15年の経済成長率予測では、米国が2.1%・3.1%、ユーロ圏が0.8%・1.1%、日本が0.9%・1.1%となっている。リセッションさえ警戒される欧州や日本とは状況が違う。

さらにドル/円に関しては、日本側の理由もある。貿易収支で月間1兆円近い赤字が出続けるなか、輸入勢のドル買いが相場を支えている。「需給構造が以前とはまったく変わったようだ。ドル/円に下方硬直性が出てきた」と野村信託銀行・資金為替部次長の網蔵秀樹氏は指摘する。

2日の市場でドル/円は一時、米国内でエボラ出血熱感染者が確認されたことをきっかけとするドル売りもあって、108円半ばまで下落したものの、一時は109円台を回復するなど底堅さもみせている。

みずほ銀行チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏は「放っておけば円安」という基本シナリオは変わらないと話す。「明日発表の米雇用統計の内容が良ければ、110円割れの機会は、当分来ないかもしれない、そのぐらい(ドルに強気の)気概をもって円の先安観を見通すべきだ」と独特の表現で強気の見通しを展開。105円台まで下落する展開は想定しておらず、年内は106─113円のレンジを見ていると語った。

一方、米債市場ではリスクオフの動きを背景に「安全資産」である米国債に資金が流れ込んでいる。10年米国債US10YT=RR利回りは2.3%台まで低下。金融政策の変化に敏感に反応する2年債US2YT=RRや5年債US5YT=RRの利回りも低下した。米金利上昇はドル高シナリオの要諦だけに警戒感もある。

調整の範囲内か、本格的なリスクオフの始まりか──3日発表の9月米雇用統計後の市場動向が、年内の相場の分水嶺となりそうだ。

(伊賀大記 編集:田巻一彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up