for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国内で初のエボラ熱感染、死亡患者の治療担当した医療関係者

 10月12日、テキサス州ダラスの病院は、院内の医療関係者がエボラ出血熱に感染したと発表した。感染した医療関係者の自宅を閉鎖する医療チーム(2014年 ロイター/Jaime R. Carrero)

[ダラス 12日 ロイター] - 米テキサス州ダラスの病院は12日、院内の医療関係者がエボラ出血熱に感染したと発表した。この関係者は、8日にエボラ出血熱で死亡した患者の治療を担当しており、米疾病対策センター(CDC)の検査により感染が確認された。

治療過程の手順に違反があったとみられる。

米国内での感染は初めてで、医療機関における治療手順の徹底に対して懸念が広がっている。12日のホワイトハウスの発表によると、オバマ大統領は、連邦当局にエボラ対応で医療機関に適切な手順を徹底させるため追加措置を講じるよう命じた。

医療関係者の感染の経緯は明らかにされていない。ただCDCは、治療手順の違反により他にも感染者がでる可能性があるとしている。

当局は、感染した医療関係者と接触した可能性のある1人の経過を観察していることを明らかにした。

またマサチューセッツ州では、リベリアから帰国しエボラ感染の疑いがある男性が検査を受けたが、ボストンの病院は12日感染した形跡はないと発表している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up