for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スカイマークがJALと提携交渉、羽田発着便の共同運航で

 11月21日、スカイマークと日本航空は業務提携の交渉に入ったことを明らかにした。羽田空港からの国内発着便での共同運航を中心とした業務提携を検討している。写真はスカイマークの航空機(手前)とJALの航空機、羽田空港で8月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 業績不振のスカイマーク9204.Tと日本航空(JAL)9201.Tは21日、業務提携の交渉に入ったことを明らかにした。羽田空港からの国内発着便での共同運航を中心とした業務提携を検討している。

スカイマーク広報部は、業務提携についてJALと相談しているのは事実と説明。JALの広報担当者も、スカイマーク9204.Tから業務提携の協議申し入れがあり、検討していることを認めた。資金支援は検討していないという。

具体的な提携内容は今後詰めるが、スカイマークは来年2月から共同運航を実施したい考えで、低迷している搭乗率の改善を図る。一方、JALは乗り継ぎ面で顧客の利便性を高め、提供座席数を増やせるなどのメリットがある。JALはライバルの全日本空輸(ANA)9202.Tがスターフライヤーやソラシドエアなど中堅航空会社とすでに羽田発着便での共同運航が多いこともあり、ANAの寡占を防ぐ狙いもある。

羽田発着便の共同運航には国土交通省の認可が必要で、スカイマークは今月中にも共同運航計画を国交省に申請する予定。ただ、公的資金の注入と会社更生法の適用で再生したJALの経営は2016年度まで国交省の監視下にあり、新規投資やM&A(合併・買収)などが制限されている。今回の業務提携について、国交省がどう判断するかが注目される。

スカイマークは格安航空会社(LCC)などとの競争激化や円安などが響き、2015年3月期の業績は過去最悪の136億円の最終赤字(前期は18億円の赤字)となる見通し。同社は不採算路線を順次、廃止する方向で見直しており、今年10月には成田空港から撤退し、さらなる路線縮小も検討する。大型旅客機「A380」の購入取り止めに伴う欧州航空機大手エアバスAIR.PAとの違約金交渉もまだまとまっていない。

*内容を追しました。

白木真紀、ティム・ケリー

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up