for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ツイッター上の嫌がらせを通報容易に、不適切利用への対応強化

 12月2日、インターネット短文投稿サイトを運営する米ツイッター社は、ツイッター上での嫌がらせ(ハラスメント)や不適切な利用を利用者がより簡単に報告できるような改善を行ったと発表した。9月撮影(2014年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - インターネット短文投稿サイトを運営する米ツイッター社TWTR.Nは2日、ツイッター上での嫌がらせ(ハラスメント)や不適切な利用を利用者がより簡単に報告できるような改善を行ったと発表した。

同社によると、利用者はこれまでより少ない情報で、ツイッター上の不適切な内容を報告できるようになる。また問題のツイート(ツイッターへの投稿)やアカウントを、審査にかけるために提出することがより簡単になる。不適切な言動が自身に向けられたわけではなく、それを見つけただけの利用者についても、報告手順の簡略化は適用される。

また利用者は自らがブロックした問題アカウントを、新しいブロックド・アカウント・ページで全て閲覧できるようになる。

同社の製品管理・利用者安全担当ディレクター、シュレイヤス・ドシ氏は「この領域での改善はまだ終わっていない」と述べ、利用者による管理機能の追加、報告手順のさらなる改善、問題アカウントに対する新たな処置手順が今後数カ月間で実現する見込みだとした。

今回の改善は現在、一部の利用者のみに適用され、数週間以内に全利用者に行き渡る予定。

ツイッター社にはこれまで、ツイッター上でのハラスメントや不適切な利用への対応が手ぬるいとの批判を多くの利用者から受けてきた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up