for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正:アングル:ドル先高観、「買わない恐怖」が市場支配

[東京 5日 ロイター] - ドル/円JPY=EBSの先高観が一段と強まっている。120円の大台に一気に乗せたにもかかわらず、目立った利益確定売りは出ていない。10月には110円に乗せた後に約5円下落する局面があったが、今回は押し目のないまま上値を伸ばす勢いだ。

 12月5日、ドル/円の先高観が一段と強まっている。120円の大台に一気に乗せたにもかかわらず、目立った利益確定売りは出ていない。写真は、ドル紙幣、2010年撮影(2014年 ロイター/Nicky Loh)

短期調整への警戒感は依然くすぶっているが、止まらない上昇に「買わない恐怖」が市場を支配している。

<肩透かしの大幅調整予想>

ドル/円は前日の海外市場で120円に乗せた後、さすがに利益確定売りが出て119円台に下落したが、日本時間5日午後には大台をすぐに回復した。多くの市場関係者が予想していた大台乗せ後の大幅調整は、現時点では起きていない。

「大きな調整を警戒している人もいるが、円を買う(訂正)材料は見当たらない」──。ある邦銀のトレーダーはこう語る。むしろ2007年6月の高値124.14円までは大きなレジスタンスがないことから「120円を超えたことで頭が軽くなった。124円まではそれほど遠くない」と力を込める。

大台に乗せた後のドル調整売りとしては、10月1日に110円に乗せた直後の下落局面が記憶に新しい。大台に乗せた翌日、エボラ出血熱に関連した報道が出て2円程度下落したあと、再度110円をうかがう展開となった。

だが、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを引き下げたことが伝わるとリスクオフの流れが強まり、15日に5円下落となる105.19円の底を打つまで下落した。

しかし、調整売りの局面があるとしても、衆院選後になると見る向きは多い。大和証券によると、過去14回の解散のケースでは解散日から投開票日までの日経平均は13勝1敗となっている。クレディ・アグリコル銀行、エクゼクティブ・ディレクターの斎藤裕司氏は「海外の投資家は、このアノマリーをみんな知っているため、少なくとも選挙が終わるまではドルが下げれば買ってくる」(斉藤氏)という。

<警戒感凌駕する持たざる恐怖>

先高観が強いとはいえ、急ピッチのドル高・円安への高値警戒感はくすぶっている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ為替ストラテジスト、植野大作氏は「さすがに7年5カ月ぶりに120円の水準となると、高所恐怖症にも高山病にもかからずどんどんドルを買い進んで、上値を追えるプレーヤーはそんなに多くない」と指摘する。

ある邦銀トレーダーは「安いうちからドルロングを仕込んできた人たちは、120円に接近する中である程度、売ってきた」と解説する。今ドルを買っているのは、後追いで買った人たちで、腰の入ったドル買いではないとの見方から「何らかのきっかけで大きな売りが出れば、ロングを手放す動きが、雪だるま式に広がるリスクがある」と警戒感を示す。

だが、調整局面となっても、下落幅は限定的との見方が多い。バークレイズ銀行・為替ストラテジスト、門田真一郎氏は「グローバルにリスクセンチメントを悪化させるような材料がなければ、10月のような大きな調整は基本的には想定していない」と指摘している。

目先の重要イベントとしては、年内だけでも米雇用統計や衆院選、米連邦公開市場委員会(FOMC)などが控えている。「例えばきょうの米雇用統計がやたら弱い数字だったら、調整のきっかけになるかもしれない」(国内証券)との声がある。

ただ、その一方で「雇用統計が悪くてドルが下落しても、その幅は限定的ではないか。まだ先に望みがつながるようなイベントがある。落ちたところが買いだ」(邦銀)との強気の見方も根強い。

市場を支配するのは「買わない恐怖」だ。ドル/円は日銀の追加緩和をきっかけに109円から120円に1カ月強で10円超上昇した。短期調整への警戒感はあるとしても、この上昇相場に乗らなければ、パフォーマンスで負けてしまう。

強気と弱気の間で、どちらか一方に傾いているプレーヤーは少なく、警戒感と恐怖感が混在しているようだ。邦銀のあるトレーダーは、調整の兆しの見えない不気味さを感じながらも「今は買わない恐怖の方が勝っている」と語っていた。

*4段落目の「円を売る」を「円を買う」に訂正します。

平田紀之 編集:田巻一彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up