for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

自民圧勝を再び織り込む市場、「期待値」高く相場調整の警戒も

[東京 12日 ロイター] - 衆院選での自民党圧勝を再び織り込み、日本株とドル/円は反発した。長期安定政権による成長戦略の実行や株高・円安戦略の推進への期待が大きい。ただ、「期待値」が高くなったことで買い上がりにくくもなっている。

 12月12日、衆院選での自民党圧勝を再び織り込み、日本株とドル/円は反発した。長期安定政権による成長戦略の実行や株高・円安戦略の推進への期待が大きい。都内で7日撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で早期利上げ観測が強まれば、相場調整が再開する可能性もあると警戒されている。

<圧倒的な「力」による政策実行を期待>

12月14日の衆院選が迫ってきた。国内メディアによる序盤の情勢調査で自民圧勝を織り込んでいたマーケットだったが、選挙終盤の情勢調査結果でも、自民党は300を超える議席獲得の勢いを保っていることがわかり、さらに織り込みの度合いを強めている。

12日の市場で、日経平均.N225は一時250円を超える上昇。「米株反発やドル/円が切り返したこともあるが、自民圧勝観測をあらためて好感し、織り込む動きとなっている。海外勢は静かだが、個人投資家のミニ先物などへの買いが目立つ」(大手証券トレーダー)という。ドル/円も前日の海外市場で117円台から119円台に切り返した。

市場が期待するのは、長期安定政権による政策の実行だ。情勢調査では、公明党(公示前は31議席)の予想獲得議席を合わせると、自公の議席数は参院で否決された法案を衆院で再可決できる3分の2(317議席)を上回る可能性があるとみられている。「抵抗が大きい規制改革など、これまで進まなかった成長戦略や構造改革を圧倒的な『力』を利用して今度こそ実行してくれそうだ」(国内証券ストラテジスト)という。

さらに、強気筋には、アベノミクスが日本経済を持続的な成長軌道に押し上げてくれるかはわからないにしても、当面は経済政策に力点が置かれるであろうし、そのための手段として株高・円安路線も強化されるとの読みがある。

来年4月には統一地方選挙も控えている。「もともとアベノミクスは格差を広げ、地方には厳しい政策。安倍首相にとっては衆院選よりも地方選の方が気掛かりとみられ、目先は経済政策を優先させるだろう」とSBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之氏はみている。

<経済押し上げは未知数>

ただ、市場の期待値が上がった分、事前予測通りに自民圧勝となっても、日本株やドル/円を買い上がるムードにはならないかもしれない。

SMBCフレンド証券チーフストラテジストの松野利彦氏は「自民圧勝はかなりマーケットに織り込まれてしまった。結果がその通りならいったん買いが先行するかもしれないが、すぐに市場の視線は米FOMCに移るかもしれない」と指摘。FOMC声明から「相当な期間」という文言が削除されれば、米利上げが視界に入り、再びマーケットは調整期間に入る可能性があるとみている。

また与党圧勝で、新しい安倍晋三政権に対する国民の目も厳しくなる。圧倒的な「力」を有しながら、構造改革や成長戦略が再び停滞すれば、支持率は大きく低下するおそれがあろう。

「与党圧勝は、政治的な安定と政策の継続性を確保するという意味で、日本経済・金融市場にとってまずはポジティブな材料になりそうだ。ただ、選挙結果がどれだけ有意義な経済政策の前進に結びつき、それがどれだけの経済のファンダメンタルズの改善につながるかについては、多くの不確実性が残っている」とシティグループ証券のエコノミスト、飯塚尚己氏は話す。

<注目は天気と比例代表>

「有権者は、いったん自民党の議席が減って、アベノミクスを国民全員が支持しているわけではないというメッセージを伝えたいと思っているかもしれないが、残念ながら受け皿の野党が迫力に欠けるというのが最大の悩みだ」と三菱東京UFJ銀行・市場企画部 チーフアナリストの内田稔氏は指摘する。

今回の衆院選は有権者の関心が低いと言われており、得票率は2012年衆院選の59.32%を下回り、過去最低となる可能性もある。投票率の低下は組織票が期待できる大政党に優位と言われるが、小選挙区で大勝しても比例投票で前回よりも票が伸びなかった場合は、アベノミクスが本当に国民の信認を得たといえるのかという声も強まりそうだ。

投票率は天気も左右する。14日の天気は関東地方では晴れの見込みだが、日本海側では大雪の恐れがあるとみられている。強い寒気が流れ込んでおり、この冬一番の冷え込みになる見通しだ。

(伊賀大記 編集:吉瀬邦彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up