for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東芝のメモリー売却、米WDとの月内合意は困難=関係筋

 8月29日、東芝のメモリー子会社の売却をめぐる同社と米ウエスタンデジタル(WD)との協議が難航しており、月内の大筋合意は困難な情勢になっている(2017年 ロイター/Yuya Shin)

[東京 30日 ロイター] - 東芝6502.Tのメモリー子会社の売却を巡る同社と米ウエスタンデジタル(WD)WDC.Oとの協議が難航しており、月内の大筋合意は困難な情勢になっている。メモリー子会社に対するWDの将来の出資比率などに関して、両社の溝が埋まらないためだ。複数の関係筋が明らかにした。

東芝とWDは、月内の大筋合意を目指して協議を続けているが、WDの将来の出資比率のほか、次世代メモリーの協業体制などについて意見の相違が埋まっていないという。

WDはスティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)が来日しており、両社はぎりぎりまで調整を続ける考えだが、「月内の合意は困難な見通し」(関係者)という。

WDは、産業革新機構、日本政策投資銀行、米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)KKR.Nを加えた日米連合により、総額1.9兆円で東芝メモリ(TMC)の買収を提案。三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行に加え、三井住友信託銀行も買収資金を融資する方向で調整している。

8月中の合意が困難になっていることに対し、東芝は「ディールの詳細については回答を控える」(広報)としている。

WDは「コメントを控える」(広報)としている。

*内容を更新しました。

布施太郎、取材協力:山﨑牧子 編集:田巻一彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up