for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界販売で3位転落のトヨタ、12年巻き返しも収益確保が課題に

[東京 20日 ロイター] 2011年の世界自動車販売台数は米ゼネラル・モーターズ(GM)GM.Nが900万台を超え、4年ぶりに首位に返り咲いた。3年連続トップだったトヨタ自動車7203.Tは、東日本大震災やタイ洪水で減産に追い込まれた影響で、独フォルクスワーゲン(VW)VOWG_p.DEにも抜かれ、3位に転落する見通し。

1月20日、2011年の世界自動車販売台数は米ゼネラル・モーターズ(GM)が900万台を超え、4年ぶりに首位に返り咲いた。写真はトヨタのロゴマーク。都内で2010年8月撮影(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)

トヨタは12年に巻き返す構えだが、数量増とともに収益確保が課題となる。

GMが19日発表した世界販売台数は前年比7.6%増の902万6000台。トヨタ自動車は最終的な数字を今月発表するとみられるが、グループで790万台の見通しを示しており、独フォルクスワーゲン(VW)の816万台にも届かない。

12年についてトヨタは、単体ベースで世界販売を前年比20%増の848万台まで引き上げる目標を掲げており、過去最高だった07年の843万台を5年ぶりに更新する計画。グループのダイハツ工業7262.T、日野自動車7205.Tは12年の計画を公表していないが、11年見通しを考慮すればグループ全体では900万台を優に超えるレベルとなる。

ただ、販売競争は激しさを増す。日本ではエコカー補助金の復活が追い風となるものの、世界では日産自動車7201.T・ルノーRENA.PA連合が露アフトワズAVAZ.MMを陣営に加えるほか、韓国・現代自動車005380.KSも追い上げてくる。GMも新興国を中心に販売拡大を狙っており、首位を奪回できるかは不透明だ。

一方、必ずしもトヨタが世界販売トップでなければならないというわけではない、との声もある。トヨタが先月9日に発表した12年3月期の営業利益見通しは、タイ洪水の影響など特殊要因も加わり、前年比57.3%減の2000億円と大幅な減益となる。JPモルガン証券の自動車担当アナリスト、高橋耕平氏は「トヨタは無理をして数量を追うことではなく、品質を維持し、利益を取りながらどうやって台数を伸ばすか、ということが課題だ」と指摘する。

トヨタは震災後の供給不足で落とした北米のシェアを12年に新車投入などで取り返していくと見られているが、ディーラーに対する販売奨励金の増加などにも注意を払わなければならない。トヨタの布野幸利副社長は今月5日、業界団体の賀詞交歓会でロイターに対し「トヨタにとって1番のリスクは為替。競合は通貨安で利益幅が膨らみ、『戦闘資金』が増えている。世界中で値段攻勢をかけているし、さらにかけられるようになっている」と述べ、円高が販売奨励策などでも不利に働いていることを強調した。

<トヨタの11年世界販売トップ陥落は織り込み済み>

GMは09年に経営破たんしたが、スピード再生を果たし、09年に30万台以上あったトヨタとの差を10年には3万台弱まで縮めていた。11年は北米市場で同11.4%増と大幅に販売を伸ばしたほか、中国など新興国でも堅調だった。

一方、トヨタは東日本大震災やタイの洪水がサプライチェーンを直撃し、世界で80万台規模の減産を余儀なくされた。車両の供給不足により、11年の世界販売台数は前年比6%減の705万台となる見通し。ダイハツ、日野自動車を含むグループ全体では同6%減の790万台としている。月内にも最終的な実績を発表する。

株式市場では「トヨタが11年に世界販売トップから陥落するのはコンセンサスだった」(外資系証券アナリスト)ため、特に材料視されなかった。20日の東京市場は欧州債務問題への不安が後退したことや円高の一服で自動車株全体が買われ、トヨタ株も前日比4.12%高の2729円で引けた。

昨年11月の年初来安値(2330円)以降は回復傾向にあるものの、水準自体としては07年2月の上場来高値(8350円)の3分の1程度に低迷しており、SMBC日興証券の自動車担当アナリスト、野口正太郎氏は1月12日のリポートで「株価の本格回復には営業利益1兆円を超える収益の絶対水準が必要」と指摘している。トヨタは販売台数を増加させるだけでなく、収益改善への方策を明確に示していくことが求められる。

(ロイターニュース 杉山健太郎;取材協力 金昌蘭;編集 吉瀬邦彦)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up