for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EU首脳、IMF財源強化で4月合意をG20に要請へ=声明草案

2月21日、欧州連合(EU)首脳は、3月1─2日に開催されるEUサミットで、国際通貨基金(IMF)の財源強化で4月に合意するよう20カ国・地域(G20)に求める見通し。写真はEU旗。ロンドンで2011年10月撮影(2012年 ロイター/Luke MacGregor)

[ブリュッセル 21日 ロイター] 欧州連合(EU)首脳は、3月1─2日に開催されるEUサミットで、国際通貨基金(IMF)の財源強化で4月に合意するよう20カ国・地域(G20)に求める見通し。

サミットの声明草案をロイターが21日入手した。

草案は「加盟国の支援に向けたIMFの責任遂行能力を高めるため、IMFの財源強化に関して次回4月の会合で合意するよう、欧州理事会はG20財務相に取り組みを継続するよう促した」としている。

IMFの財源強化をめぐっては米国などが反対しているほか、G20内でも、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)と常設の金融安全網である欧州安定メカニズム(ESM)の融資能力を合わせるなど、まずはユーロ圏が危機対応能力を増強するよう求める声が多い。

だがユーロ圏首脳はEFSFとESMの問題について3月1日からのEU首脳会議で決定することから、今週末のG20財務相・中央銀行総裁会議では、IMF財源強化に関する決定は行われない見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up