for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伊ウニクレディトの株価急落、売買停止に

4月10日、欧州株式市場で、イタリア銀行大手ウニクレディト株が値幅制限いっぱいまで下落し、売買停止に。写真はローマ市内で昨年11月撮影(2012年 ロイター/Stefano Rellandini)

[ミラノ 10日 ロイター] 10日の欧州株式市場で、イタリア銀行大手ウニクレディトCRDI.MI株が値幅制限いっぱいまで下落し、売買停止となった。

イタリアの主要株価指数FTSE─MIB.FTMIBは一時5%を越える大幅な下げとなっており、インテサ・サンパオロISP.MIなど他の銀行も一時売買停止に追い込まれた。

世界経済をめぐる懸念によりユーロ周辺国国債が売られたことが重しとなっており、終盤にかけて相場は下げ足を速める展開となった。

債券市場では、独連邦債への逃避買いを背景に、10年物イタリア国債の対独連邦に対する利回り格差が401ベーシスポイント(bp)に拡大し、2月初旬以来初めて400bpを上回った。

1517GMT(日本時間11日午前零時17分)時点で、STOXX欧州600銀行株指数.SX7Pは3.9%安で推移している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up