for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レーン欧州委員、ギリシャのユーロ圏離脱検証していないとの声明

5月18日、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨問題担当)は、欧州委はギリシャがユーロ圏を離脱した場合のシナリオを検証していないとする声明を発表。写真はブリュッセルで会見する委員。11日撮影(2012年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブリュッセル/ロンドン 18日 ロイター] 欧州委員会のレーン委員(経済・通貨問題担当)は18日、欧州委はギリシャがユーロ圏を離脱した場合のシナリオを検証していないとする声明を発表した。

この日は、ベルギーのオランダ語紙「デ・スタンダード」が、欧州委のデフフト委員(通商担当)がインタビューで、欧州委と欧州中央銀行(ECB)がギリシャがユーロ圏を離脱した場合の緊急シナリオについて作業していると述べたと報じた。

これについてレーン委員は声明で、「デフフト委員は通商問題を担当している。金融・経済問題、およびECBとの連絡を担当しているのは私だ」としたうえで、「欧州委はギリシャの離脱に関するシナリオを検証していない。ギリシャの残留を前提としたシナリオを検証している。われわれは憶測に基づくことに対してコメントしない」とした。

欧州委のベイリー報道官もまた、短文投稿サイトのツイッターで、「欧州委がギリシャのユーロ圏離脱に備えているとの観測を、強く否定する」とし、「欧州委はギリシャがユーロ圏にとどまることを望んでいる」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up