for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ下落、対円は98円割れ

5月30日、午前中盤のニューヨーク外国為替市場では、ユーロ/ドルが2年ぶり安値近辺で推移。写真はユーロ硬貨。ブダペストで1月撮影(2012年 ロイター/Bernadett Szabo)

[ニューヨーク 30日 ロイター] 30日午前中盤のニューヨーク外国為替市場では、ユーロ/ドルが2年ぶり安値近辺で推移。イタリア国債入札で利回りが急上昇したことや、スペイン銀行セクターをめぐる懸念が拡大していることが圧迫材料となっている。

30日に公表されたギリシャの一部世論調査で、緊縮財政に反対する急進左派連合(SYRIZA)が支持率を伸ばし、首位に立ったこともユーロの重しとなっている。

円は質への逃避の動きから買われた。ユーロ/円は98円を割り込み、4カ月半ぶり安値となる97.90円をつけた。ドル/円も79円を下抜け、3カ月半ぶり安値となる78.88円に下落した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up