for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スパコン「京」が2位転落、計算速度の世界1位は米IBM製

[東京 18日 ロイター] 世界のスーパーコンピューター計算速度ランキング「トップ500」が18日発表され、富士通6702.Tが独立行政法人の理化学研究所と共同開発した「京(けい)」が2位に転落した。1位は米IBMIBM.Nが開発した「セコイア」だった。

京は世界で初めて毎秒1京(京は兆の1万倍)回を超える計算速度を達成したスパコンで、昨年6、11月に発表されたランキングでは2回連続で首位を守っていた。今回の計算速度は、京が前回と同じ毎秒1京0510兆回。セコイアは同1京6324兆回だった。

京は国家プロジェクトとして進められてきた次世代スパコンで、2006年に開発を開始、今年度までの総事業費は約1000億円強。今年6月末に完成し、9月末から本格的に運用を始める予定。コンピュータ上でさまざまなシミュレーションを行うことができるため、台風などの気象予測、地震や津波の災害予測、新薬開発など幅広い分野での活用が期待されている。09年の政府の事業仕分けで、蓮舫参院議員から「2位じゃダメなんでしょうか」と指摘されたことでも話題になった。

京が2位に後退したことを受け、富士通の山本正已社長は「資源の少ない日本で経済の持続的発展を図るには、卓越した科学技術によるイノベーション創出が不可欠」と指摘し、スパコンはその中核となる技術基盤であり、国に対して「将来にわたり継続して開発・利用ができるよう、引き続き整備していくことを期待する」とのコメントを発表した。

3位は「ミラ」、4位は「スーパーMUC」で、いずれもIBM製。前回2位だった中国の「天河1A」は5位に後退した。

(ロイターニュース 白木真紀)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up