for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州危機解決策で対立深まる、ドイツは共同債拒否の姿勢崩さず

[ベルリン/マドリード 27日 ロイター] ドイツのメルケル首相は27日、28─29日に行われる欧州連合(EU)首脳会議を前に、ユーロ圏共同債の導入などに関する要求には応じない意向をあらためて表明した。

6月27日、ドイツのメルケル首相は、28─29日に行われるEU首脳会議を前に、ユーロ圏共同債の導入などに関する要求には応じない意向をあらためて表明した(2012年 ロイター/Thomas Peter)

欧州では、スペインとイタリアの借り入れコスト急上昇を背景に緊急行動を求める声が一段と高まる中、緊縮策に固執するドイツなどと、経済成長を重視し、まず危機解決を図るべきだと主張する一部の国との対立が鮮明化してきた。

その結果、EU首脳会議では危機解決に向けた具体策が打ち出されることはないとの悲観的な見方が広がっている。

メルケル独首相はこの日、下院で演説し、欧州首脳が新たな財政規律で合意する以前にユーロ圏共同債の導入を求めているのは本末転倒だと批判。「首脳会議では連帯債務に関する案に協議が集中し、規制や構造政策に関する議論が軽視されるのではないかと懸念している」と述べた。

メルケル首相は最終的にユーロ圏共同債の発行を受け入れる余地を残してはいるものの、ただちに行動に移ることは拒否している。

それに対し、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨問題担当)は、EU首脳会議では市場の圧力を受けている国を支援するため短期的な措置の策定に取り組む必要がある、との考えを表明。「欧州理事会が短期的な政策措置を決定することが重要だ。われわれは、市場安定化に向けた短期的な措置に関する決定が円滑に行われるよう引き続き取り組んでいく」と述べた。

メルケル首相は、ユーロ圏各国がそれぞれの予算監督権の返上で合意するまで、共同債に関する検討はできないとの考えを明確に示し、「連帯債務は十分な規制がなされた時に初めて可能になる」と述べた。

さらに、ユーロ圏共通債や債務償還基金などは、ドイツで憲法違反となるばかりでなく、経済的に誤った、非生産的なものだ、との見解を示した。

これらのコメントは、「自分が生きている限りは欧州で債務を共有することはない」とした26日の発言に比べればユーロ圏共通債に対する強硬な拒否姿勢を若干和らげたものとみられるが、依然として強い反対の意思を示していることに変わりはない。

今回のEU首脳会議に対しては悲観的な見方が強まっている。

ポルトガルのコエリョ首相は27日、合意に至っていない問題が多く残されているとして、過度の期待を寄せるべきではないとの見解を表明。「欧州理事会の結果にあまりにも大きな期待を抱く理由はない。今回の会議に対し現実的に臨むべきだ。複数の懸案事項が合意に至るには程遠い状況にあり、限界がある」と述べた。

市場関係者の間でも首脳会議への期待感は低く、ノムラが27日公表した顧客調査では、「協議だけで終わり、成果はほとんどない」と予想する回答が57%に達した。

一方、スペインやイタリアでは国債利回りの上昇が続いており、スペインのラホイ首相は、欧州の救済基金か欧州中央銀行(ECB)に対し、市場の安定に向けた支援を要請する考えを示した。

スペインの利回りが危険領域とされる7%に近づく中、ラホイ首相は「最も差し迫った問題はファイナンスだ。現在のコストでいつまでも資金調達を続けることはできなくなる」と語った。

ユーロ圏17カ国の財務相は27日に電話会議を行い、恒久的な欧州の金融安全網となる欧州安定メカニズム(ESM)が優先的な債権者の地位を持つ規定を改めることなど、市場安定化策について協議した。

ドイツはこれまで、納税者の資金が損失を被ることを避けるため、ESMが優先的地位を持つべきだと主張していたが、この日はそうしたルールに柔軟に対応する考えをほのめかしたことで、スペイン債を購入する投資家にとって、圧力がやや和らぐ形となった。

一方、ユーログループは、スペインの銀行セクター支援のため510億─620億ユーロが必要になるとの見通しを示すとともに、スペインがユーロ圏救済基金からの支援を正式に要請したことを歓迎する声明を発表した。最終的な支援額はユーログループが設定した1000億ユーロの限度額で十分賄えるという。

また、資金はスペインの銀行業界再編基金(FROB)に対して支払われ、スペイン政府が「引き続き全面的に責任を負い、覚書に署名する」とした。

ユーログループは、キプロスについても支援要請を歓迎するとの声明を発表し、必要な支援額の評価が完了次第、EFSFまたはESMから拠出すると表明した。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up