for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロが対ドルで2年ぶり安値、世界経済への懸念で

7月12日、午前中盤のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで2年ぶり安値に下落した。写真はユーロ硬貨。ブダペストで1月撮影(2012年 ロイター/Bernadett Szabo)

[ニューヨーク 12日 ロイター] 12日午前中盤のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで2年ぶり安値に下落した。世界的な経済成長に対する懸念が存在することに加え、米連邦準備理事会(FRB)が近く何らかの措置をとるとの観測が薄れたことで、リスク選好度が低下した。

また、日銀が11、12日の金融政策決定会合で現行の金融政策を据え置いたことから、円はユーロ、ドルに対して大きくアウトパフォームした。

ただ、7日終了週の米新規失業保険申請件数が4年ぶり水準に改善したとの発表を受けて、ドルが円に対して上昇する場面もあった。

ユーロはドルに対して一時、1.2165ドルと2010年半ば以来の安値をつけた。

円に対しても、6週間ぶり安値となる96.40円をつける場面があった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up