for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペインの景気後退深刻化、9月半ばにも支援要請との見方も

[マドリード 28日 ロイター] 第2・四半期に一段と深いリセッション(景気後退)に落ち込んだことが確認されたスペインで、北東部のカタルーニャ州が中央政府に約50億ユーロの支援を要請する方針を固めたことが明らかになり、同国がいずれは全面的な支援要請に踏み切らざるを得なくなるとの観測が高まっている。

8月28日、第2・四半期に一段と深いリセッション(景気後退)に落ち込んだことが確認されたスペインで、北東部のカタルーニャ州が中央政府に約50億ユーロの支援を要請する方針を固めたことが明らかになり、同国がいずれは全面的な支援要請に踏み切らざるを得なくなるとの観測が高まっている。写真は「削減反対」と書かれたポスターの前を通る男性。マドリードの官庁前で10日撮影(2012年 ロイター/Susana Vera)

一部エコノミストの間では、スペインが9月半ばにも支援要請に踏み切るとの見方も出ている。

スペイン統計局が28日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)は前期比0.4%減となり速報値と一致。第1・四半期の0.3%減に続くマイナス成長となり、スペインの景気後退が深刻化していることが確認された。

統計局は前日、2010年と2011年のGDPの改定値を公表し、伸び率をそれぞれマイナス0.3%、プラス0.4%に下方修正したばかり。政府は2012年と2013年も成長は低迷するとの見通しを示している。

また、欧州中央銀行(ECB)が28日公表したデータによると、7月末時点の民間部門のスペインの銀行預金は1兆5090億ユーロとなり、6月末時点の1兆5830億ユーロから約5%減少した。

アナリストの間では、スペインが近く欧州諸国に対する全面的な支援の要請に踏み切らざるを得なくなるとの観測が高まっている。

さらにこの日は、スペインの北東部のカタルーニャ州が中央政府に約50億ユーロの支援を要請する方針であることが明らかになり、スペイン経済の先行き見通しの暗さに追い討ちをかけた。

こうしたなか、スペインを訪問中の欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領はラホイ首相との会談後、支援要請に踏み切るかはスペインが決定することとの立場を表明。ラホイ首相は、スペインは全般的な支援について他の欧州諸国と協議していないと言明するとともに、ECBによるスペインの国債利回り引き下げに向けた措置の詳細が提示されてから支援要請の是非を決定するとの姿勢をあらためて示した。

ECBは、債務危機に見舞われたユーロ加盟国の国債利回り引き下げに向けた措置について、9月6日の理事会で協議するとみられている。

INGのエコノミスト、マーティン・バン・ブリエ氏は、スペイン経済について「今後さらなる財政緊縮化が予定され、失業率が非常に高い水準で推移していることから、リスクは長期的なリセッションに陥るとの方向に明らかに傾いている」と指摘。スペインは9月半ば、もしくは10月に支援要請に踏み切るとの見方を示した。

スペインはすでに銀行部門を対象とした1000億ユーロの支援を受けることで合意している。

また、ウニクレディトのエコノミスト、トゥリア・ブッコ氏は、「スペイン経済は想定よりもかなり弱体化している。これにより、財政目標達成が一段と困難になる可能性もある」と述べた。

ただ、スペイン政府がこの日実施した3カ月物と6カ月物の短期証券(Tビル)入札では、目標の25―35億ユーロを上回る36億ユーロを調達。落札利回りは3カ月物が0.946%と前回の2.434%から大幅に低下するなど、好調な入札となった。

スペインが近く支援要請に踏み切るとの観測を背景に、落札利回りが低下したとの見方も出ている。ただ、支援要請のタイミングは依然として明らかになっていないため、市場では9月6日に開かれるECB理事会での決定事項に注目が集まっている。

スピロ・ソブリン・ストラテジーのニコラス・スピロ氏は、「ECBが後押しするスペインとイタリア国債支援策が期待はずれに終わった場合、市場心理が大幅に悪化する恐れがある。そうなった場合、本当の意味での試練に直面することになる」との見方を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up