for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

人民元が3日連続で最高値更新、終値6.2252元

11月14日、上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで続伸し、3日続けて切り上げ後の最高値を更新した。写真は100元紙幣。北京で2011年3月撮影(2012年 ロイター/Jason Lee)

[上海 14日 ロイター] 14日の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで続伸し、3日続けて切り上げ後の最高値を更新した。ディーラーらは、中国人民銀行(中央銀行)が人民元のスポット相場のさらなる上昇に消極的だと不満を表明しており、商いは控えめだった。

人民銀はこの日の対ドル基準値を、前日の同値(6.2891元)よりやや元高・ドル安の6.2881元に設定した。

人民元相場は、基準値から上下1%の許容変動幅の上限の6.2252元で寄り付き、同値で終了した。前日終値は6.2265元。

過去7営業日間、人民銀は基準値設定で相場の安定を求める姿勢を示し続けてきたが、人民元相場は即、許容変動幅の上限に張り付いてきた。

上海の商業系銀行のトレーダーは、「非常に厄介だ。われわれにできることは人民銀が次に何をするのか知るため、あすを待つことくらいだ」と述べた。

トレーダーらは、中国で15日に第18期中央委員会第1回総会(1中総会)が終了し新指導部が発表されれば、元の一段の流動性が認められることを期待している。

人民元の対円相場終値は100円=7.7802元(前営業日終値は7.8569元)、対ユーロ相場終値は1ユーロ=7.9096元(同7.8894元)。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up