for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

自国通貨安、産業界が望む万能薬ではない=クーレECB専務理事

1月18日、欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は、自国通貨安は産業界が抱える諸問題の万能薬でないと述べ、通貨戦争への動きに警鐘を鳴らした。写真は各国通貨。ワルシャワで2011年1月撮影(2013年 ロイター/Kacper Pempel)

[パリ 18日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は18日、自国通貨安は産業界が抱える諸問題の万能薬でないと述べ、通貨戦争への動きに警鐘を鳴らした。

専務理事はBFMビジネスラジオのインタビューで「通貨安は、産業界が望む万能薬ではない」と述べた。「企業が輸出時に(自国通貨安を)望むのは普通だが、輸入製品価格は上昇する」とした。

また、通貨戦争は生じていないものの、経済成長が弱いときに始めようとする衝動が強くなるとの認識も示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up