for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

国連安保理が北朝鮮の核実験を強く非難、「適切な措置」策定へ

2月12日、国連安全保障理事会の議長国を務める韓国は、北朝鮮の核実験実施を強く非難した。写真は韓国の金星煥・外交通商相。ソウルで2011年4月撮影(2013年 ロイター/Truth Leem)

[国連 12日 ロイター] 国連安全保障理事会は12日、北朝鮮による3度目の核実験を受けて緊急会合を開き、核実験実施を強く非難するとともに、対応を検討する考えを表明した。

安保理の今月の議長国である韓国の金星煥・外交通商相は記者団に対し、「北朝鮮の核実験は安保理決議の重大な違反で強く非難する」とし、「適切な措置」の策定を検討すると述べた。

声明は安保理全15カ国が承認した。拘束力は持たない。

ライス米国連大使は、北朝鮮による2006年と09年の核実験を受け導入された制裁を強化する決議を安保理が採択することを米国と同盟国は望んでいると表明した。

複数の安保理筋は、米国が同盟国と連携し、既存の制裁措置の拡大だけでなく、新たな厳しい措置の導入を求めるとの見方を示した。

ただ外交筋によると、中国は新たな制裁が北朝鮮によるさらなる報復につながる恐れがあるとの懸念から厳しい追加措置に抵抗する公算が大きいとみられ、対応をめぐる協議には数週間かかる可能性がある。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up