for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北朝鮮、年内に新たな核実験実施の用意あると中国に通達=関係筋

[北京 15日 ロイター] 中国、北朝鮮の両政府首脳レベルに直接接触のある関係筋によると、北朝鮮は年内に最大2回の追加核実験を実施する用意があると中国に通達した。

2月15日、関係筋によると、北朝鮮は年内に最大2回の追加核実験を実施する用意があると中国に通達した。写真は北朝鮮国旗。同日撮影(2013年 ロイター/Lee Jae-Won)

年内に新たなロケット発射を行う可能性もあるという。

米国を外交交渉のテーブルにつかせるのが狙いとみられている。

関係筋は「用意はすべて整っている。北朝鮮は年内に4回目、もしくは5回目の核実験と新たなロケット発射を実施する可能性がある」と語った。

また、同筋によると、4回目の核実験の爆発規模は今月12日に実施された3回目の核実験を大きく上回り、約10キロトンになる可能性がある。

関係筋によると、米国が北朝鮮と交渉を行い、体制転換への企てと北朝鮮がみなす政策を放棄しない限り、実験を行うという。

また北朝鮮は、米国との最終的な平和協定を調印し、外交関係を樹立する積年の希望を繰り返したとしている。

関係筋は、北朝鮮が追加制裁を恐れていないとし「今年は、農業や経済改革で穀物収穫が増大し、中国への食料依存を減らせることに自信がある」と述べた。

関係筋は、中国が北朝鮮に対する国連制裁を支持するとの見通しを明らかにした。ただ、どのレベルの制裁を中国が望むかについては明言を避けた。同筋は「厳しい内容の新たな制裁が科せられる。中国は賛成するだろう」と語った。

ただ中国は北朝鮮への食料や燃料の供給を断たないだろうと指摘した。

同筋はまた、金正恩第1書記に妥協の余地はほとんどないとの見方を示した。

故・金正日総書記の「先軍政治」思想を踏襲しているとみられている。同筋は「彼は父親よりも相当強硬だ」と述べた。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up