for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米マイクロソフト、年内「ウィンドウズ8」改良版発売へ=幹部

5月6日、米マイクロソフトの幹部、タミ・レラー氏は、パソコン(PC)向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」について、今後利便性をさらに高め、小型タブレット端末にも対応可能な改良版を発売する計画を明らかにした。写真は香港で2012年10月撮影(2013年 ロイター/Bobby Yip)

[シアトル 6日 ロイター] 米マイクロソフトMSFT.Oのウィンドウズ部門共同責任者、タミ・レラー氏は、昨年10月に発売したパソコン(PC)向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」について、今後利便性をさらに高め、小型タブレット端末にも対応可能な改良版を発売する計画を明らかにした。

ロイターとのインタビューで述べた。

ウィンドウズ8のライセンス販売は発売から半年で1億を突破、従来OSの「ウィンドウズ7」と匹敵する販売ペースを記録している。ただ1月初旬時点の販売実績が6000万程度だったことを踏まえると、過去4カ月は4000万程度にとどまっていることになり、発売1年で2億4000万に達したウィンドウズ7と比べ伸び悩みが鮮明だ。

レラー氏は「改良の余地があるのは明白」とし、年内に改良版「ウィンドウズ・ブルー」(仮称)を発売する計画を明らかにした。向こう数週間に詳細を明らかにするとしている。

ウィンドウズ8はタッチ操作機能を搭載しているが、手頃なタッチスクリーン型ラップトップPCが少ないこともウィンドウズ8が苦戦する要因となっている。

レラー氏は中国PC大手レノボ・グループ(連想集団)0992.HKや台湾のASUS2357.TW、米ヒューレット・パッカード(HP)HPQ.Nなどが今年、価格を抑えた新型のタッチスクリーン型ラップトップを発売することに期待を示した。

さらに急成長している画面サイズ7、8インチの小型タブレット市場でも攻勢をかけるため、改良版で対応していく考えを示した。

アップルAAPL.Oの「iPad(アイパッド)ミニ」や韓国サムスン電子005930.KSの「ギャラクシー・タブ」といった小型タブレットに対抗し、マイクロソフトも「サーフェス」の小型版を発売するかとの問いについては、同氏はコメントを控えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up