for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界石油消費量、2040年までに32%増の見通し=米EIA

7月25日、米EIAは、世界の石油消費量が2040年までに32%増加するという見通しを示した。写真はカリフォルニア州のガソリンスタンドで2012年3月撮影(2013年 ロイター/Mario Anzuoni)

[25日 ロイター] - 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は25日、世界の石油消費量が2040年までに32%増加するという見通しを示した。原子力や再生可能エネルギーの利用が増加しても、化石燃料が引き続きエネルギー需要の大部分を満たすことになると見込んでいる。

EIAは、世界のエネルギー総使用量について、2010年と2040年の間に56%増加し、そのうちの約半分を中国とインドが占めると予想。

石油や他の液体燃料の消費は2010年の日量8700万バレルから2020年には同9700万バレルとなり、2040年には同1億1500万バレルになるとみられる。

2040年にかけて化石燃料は世界のエネルギー使用の80%相当を供給すると見込まれる一方で、原子力および再生可能エネルギーの消費量は2.5%増加すると予想されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up