for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シリア、化学兵器引渡しは軍事介入撤回後に─アサド大統領=通信

9月12日、シリアのアサド大統領は、米国が軍事介入の可能性を取り下げて初めて、化学兵器を国際管理下に置くとのイニシアチブを実行すると述べた。パリで2010年12月撮影(2013年 ロイター/Benoit Tessier)

[モスクワ 12日 ロイター] - シリアのアサド大統領は、米国が軍事介入の可能性を取り下げて初めて、化学兵器を国際管理下に置くとのイニシアチブを実行すると述べた。

同大統領は国営ロシア通信(RIA)のインタビューで、「米国がわれわれの地域での真の安定を望み、攻撃すると脅すことをやめ、テロリストに武器の供給をやめて初めて、われわれは必要なプロセスを取ることができると確信できる」と述べた。

また、シリアが化学兵器禁止条約に署名してから1カ月後に、化学兵器に関する情報を提供し始めるとの方針を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up