for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBの流動性支援策、銀行間融資再開には不十分か

[ロンドン 22日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)による3年物資金供給オペは、深刻な信用収縮のリスクを軽減するとともに、ユーロ圏の連鎖的な銀行破たん回避に大きく貢献したが、市場の機能改善には不十分な可能性がある。

2月22日、欧州中央銀行による3年物資金供給オペは、深刻な信用収縮のリスクを軽減するとともに、ユーロ圏の連鎖的な銀行破たん回避に大きく貢献したが、市場の機能改善には不十分な可能性がある。アテネで21日撮影(2012年 ロイター/Yannis Behrakis)

ユーロ圏の銀行の大半は高リスク資産の圧縮に苦戦しており、ソブリン債務危機が依然として脅威となっているためだ。

ECBの3年物オペ実施後も、銀行間で新規融資を積極的に実施したり、融資期間を著しく長期化したりする動きはまだ見られない。財務基盤がぜい弱な銀行は金融市場から締め出されたままで、健全行についてもリスクの高い取引相手へのエクスポージャーを懸念している。

金融市場での資金調達が可能なのは、主にドイツ銀行DBKGn.DEやオランダのラボバンクなど中核国の高格付け銀行や、南欧諸国ではスペインのサンタンデール銀行SAN.MCなど国内最大手に限られている。

リスクの高いユーロ圏国債や他の不良債権を抱えたぜい弱な銀行は、ECBに資金調達を依存している。ギリシャ債務危機の拡大懸念が存在する限り、この構図が変わる公算は小さいとアナリストはみている。

エイゴンの金利・金融市場部門責任者ジェラルド・モーマン氏は「向こう1年でさまざまなことが起こり得る。欧州には、ポルトガルも(債務再編が)必要かなどといったリスクが存在している」とし、「当社のポートフォリオがどんな状況も乗り越えられるよう確実にしたい。そのためわれわれのマネー・マーケット・ファンド(MMF)では、(取引相手を)極めて質の高い銀行に限定している」と述べた。

ロイターの算出によると、1月のユーロ圏無担保翌日物平均金利(EONIA)ユーロ建て融資市場の取引高は1日平均302億7000万ユーロで、昨年11、12月の水準からほぼ横ばいのままだ。だが昨年1月の454億ユーロの水準は大きく下回っている。

市場関係者によると、昨年12月のECB3年物オペ実施以降も、長期融資が大きく伸びている兆候はなく、期間3カ月以上の資金の貸し借りはほとんど成立していない。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ・グローバル・リサーチの金利ストラテジスト、マックス・ルン氏は「銀行は、取引相手の銀行が年内の資金手当が可能と知っていても、融資には消極的になるかもしれない。単に帳簿上にエクスポージャーを抱えたくないからだ」と指摘した。

「評判を落とすリスクを冒すくらいなら、銀行はECBの預金ファシリティーに資金を預け入れる」との見方を示した。

22日時点のECB翌日物預金残高はおよそ4500億ユーロで、6カ月前から3倍の水準に増加している。

<状況は正しい方向に>

ただECBの流動性供給が、銀行のバランスシート改善や債務圧縮を支援しているのは確かだ。これらは、将来の市場での資金調達再開に向けたカギとなる。

米MMF大手フェデレーテッド・インベスターズのデボラ・カニングハム最高投資責任者(CIO)は、エクスポージャーをユーロ圏周辺国の銀行に広げる計画は当面ないと明かす。

その上で、周辺国へのエクスポージャー再開の条件として、銀行によるソブリン債の評価損計上や不良債権処理の継続、自己資本比率・収益の改善に加え、債務国による構造改革や国債急落リスクの軽減策実施などを挙げた。

そうした中、仏銀には明るい材料も出ている。仏銀は昨年7月、イタリアやギリシャへのエクスポージャー懸念を背景に、米MMFの資金引き揚げにあったが、現在では、保有するギリシャ国債の多くについて評価損を計上。ドル資金の必要調達額も大きく減少している。

仏ソシエテ・ジェネラルSOGN.PAは前週、昨年下期にドル資金への依存度を550億ドル削減したと明らかにした。BNPパリバBNPP.PAもドル資金の調達必要額を570億ドル減らしたとしている。

フェデレーテッド・インベスターズのカニングハムCIOは、仏銀に対して現在は翌日物の融資しか行っていないが、期間を延ばすことを検討していると明らかにした。

「仏銀は翌日物資金への依存度を低下させており、金融市場における資金調達手段も増えている」という。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up