for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏ユダヤ人学校襲撃事件、容疑者はアルカイダと関連=内相

3月21日、フランスのゲアン内相は、仏南西部トゥールーズのユダヤ人学校で教師1人と子ども3人が殺害された事件について、容疑者はアルカイダとの関連があるもようだと明らかにした(2012年 ロイター/Pascal Parrot)

[パリ 21日 ロイター] フランスのゲアン内相は21日、仏南西部トゥールーズのユダヤ人学校で教師1人と子ども3人が殺害された事件について、容疑者はアルカイダとの関連があるもようだと明らかにした。

警察当局はトゥールーズ市内にある容疑者の自宅を捜索した際、容疑者と銃撃戦となり、警官2人が負傷した。 ゲアン内相は現場で記者団に対し「彼はムジャヒディン(イスラム聖戦士)で、アルカイダに属していると言っている」と述べた。

また、容疑者はアフガニスタンにいたと明らかにした上で、「彼はパレスチナの子どもたちの復讐をしたいと考えていた。フランスの兵士に対する復讐も望んでいた」と語った。

ゲアン内相によると、警察当局は容疑者の兄弟についても取り調べを行っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up