for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クロームが初の首位に、1日当たりのブラウザー利用=調査

3月21日、全世界の1日当たりのウェブブラウザー利用率で、米グーグルの「クローム」が18日にマイクロソフトの「インターネット・エクスプローラー(IE)」を初めて上回ったことが明らかに。写真はインドのグーグルのオフィスで2月撮影(2012年 ロイター

[ヘルシンキ 21日 ロイター] ウェブ分析会社のスタットカウンターによると、全世界の1日当たりのウェブブラウザー利用率で、米グーグルGOOG.Oの「クローム」が18日にマイクロソフトMSFT.Oの「インターネット・エクスプローラー(IE)」を上回り、初めて首位に立った。

それによると、同日使用されたブラウザーの割合は、クロームが32.7%だったのに対し、IEは32.5%だった。職場ではIEの利用率が高いことから、翌日の月曜日にはIEが35%となり、クロームの30%を再び上回った。

スタットカウンターのカレン社長は、「ブラウザーを自由に選べるとき、多くの人がIEよりクロームを好む」と述べ、家庭でのクローム利用が伸びていると分析。「わずか1日だが、画期的な出来事だ」と語った。

3月のこれまでのシェアで見ると、クロームは前年同月の17%から大きく伸ばして31%となり、逆にIEは同45%から10ポイント下げて35%となった。

また、「ファイアフォックス」は約25%、米アップルAAPL.Oの「サファリ」は7%となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up