for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

焦点:原油市場、統計も当局者の見解もバラバラで投資判断困難に

[ロンドン 21日 ロイター] 原油市場は落ち着いているときでも読み解くのが難しいが、今は主要統計の指し示す方向がバラバラで、最大の産油国と消費国の言い分も異なり、政策判断や投資決定が極めて困難になっている。

3月21日、原油市場では、主要統計の指し示す方向がバラバラで、最大の産油国と消費国の言い分も異なり、投資決定が極めて困難に。写真は2月アテネの給油所(2012年 ロイター/Yiorgos Karahalis)

原油相場は、対イラン戦やホルムズ海峡封鎖の可能性をめぐる憶測から買われ、年初から15%も上昇。現在は1バレル=125ドル近辺と、2008年に付けた過去最高値の147ドルまで約20ドルに迫っている。

原油関連の統計は、市場の懸念を裏付けるものと、行き過ぎだと解釈できるものが混在。需要、供給、在庫に関する基本的な統計から読み取れる結果に統一性がなく、正反対の方向を示す場合もある。

石油統計の専門セクションを有する米国とサウジアラビアの間ですら市場の状況に関する見解が一致しない。最大の原油輸出国であるサウジアラビアは、供給は需要を上回り、現在の相場水準は正当化されないとの立場。ヌアイミ石油鉱物資源相は20日の記者会見で「供給は不足していないということを触れ回るのが自分の唯一の使命だ」と述べた。

一方、米エネルギー省のポネマン副長官の立場は異なっており、先週、「市場はひっ迫していると考えている。つまり増産が必要だ」と述べている。両者の見解の不一致は、供給、需要、在庫を測定し、原油が不足しているのかだぶついているのかを判断するのがいかに難しいかを浮き彫りにしている。

<単純な計算>

表面的には供給量の計算は比較的易しい。世界の主要な統計機関によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国の産油量は日量3100万バレルと4年ぶりの高水準で、OPEC産原油の需要は日量3000万バレル程度だ。

単純計算では供給が需要を上回ってい。しかし実際の在庫量となると、推定値に大きなばらつきが生じる。JPモルガンのローレンス・イーグルス氏は「少なくとも書類上は、市場には原油があふれていることになる」のに、それが相場に反映されていないと指摘。「原油市場で価格の高騰とバックワーデーション(期近より期先が高い状態)が起きているのは、世界的に原油在庫に余裕がないことを反映している」と分析した。

イーグルス氏をはじめとする主だったアナリストは、原油市場を理解する上で重要な手がかりのひとつとして在庫の水準を挙げる。しかし、世界の大部分に関しては原油在庫を正確に把握することはほとんど不可能。なかでも石油消費の多い中国とインドはそうだ。

今年上半期に在庫は日量100万バレル強に増加し、イラン産原油の供給リスクを除けば価格の高止まりは理解不能との見方もある。バーンスタイン・リサーチのオズワルド・クリント氏は「OPEC加盟国の生産は需要を上回っており、在庫は今後も積み上がるだろう」と予測。サウジのヌアイミ石油相も、経済協力開発機構(OECD)加盟国の商用在庫は1月の57日分から3月には60日分に増えるとみている。

<供給停止>

南スーダン、イエメン、シリア、北海、カナダなどでの供給停止分を合算するのも単純な作業だ。ロイターの試算では日量110万バレルの供給が止まっている。

サウジのヌアイミ石油相によると、これはたいした量ではない。同国の生産量は日量990万バレルで、過去10年間で最高の水準だという。信頼すべき機関の推計では、実際の生産量はこれよりも最大で日量50万バレル多い。

需要についても見方が割れている。アジアでは需要が活発で、欧米では伸びが鈍っているという点では一致するものの、それ以外は見解が分かれている。世界の2大石油統計機関である米エネルギー情報局(EIA)と国際エネルギー機関(IEA)でさえ、今年の世界の需要予想が食い違っている。EIAの予想は日量8962万バレル、IEAは同9047万バレルで、約100万バレルもの差がある。

生産能力についても見解が一致しない。IEAによると、サウジの持続可能な生産能力は日量1188万バレルで、制裁のあおりでイランが最大日量100万バレルを減産した場合に対応が可能な増産余力はかなり限られている。しかしサウジのヌアイミ石油相は、同国の生産能力は日量1250万バレルだと主張。「サウジ・アラムコを信じなさい。1250万バレルの供給を頼めば、1250万バレル供給する」と言明した。

石油相はまた、同国が緊急の需要に対応するために国外の石油基地に備蓄を持っていると指摘。ロッテルダム、沖縄、シディクリル(エジプト)の3カ所に約1000万バレルの備蓄があると述べた。

(Christopher Johnson、Peg Mackey記者)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up