for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペルーの違法鉱山で9人生き埋め、地下200メートルで落盤

[リマ 7日 ロイター] 南米のペルー南部にある未認可の鉱山で5日、落盤事故が発生し、作業員9人が地下200メートルの地点に閉じ込められた。当局によると、作業員らには6日にホースを使って酸素や飲み物の救援物資が届けられたが、救出作業は難航しているという。

事故があったのは同国南部のカベザ・デ・ネグロ金銅鉱山。作業員らと連絡を取った警察は地元ラジオに対し、健康状態に問題はないようだと話したが、地元の保健当局者は、作業員らが脱水症状にあり、絶望感に襲われていると語った。

ペルーでは小規模な違法鉱山がよく見られ、民間試算によると、生産規模は年間20億ドル(約1630億円)に上るという。

隣国のチリでは2010年、鉱山落盤事故で2カ月以上にわたる地下生活を余儀なくされた作業員33人が無事救出され、国際的な注目を集めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up