for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IAEA「監視団復帰は困難に」、北朝鮮の米朝合意破棄で

4月17日、IAEAは、北朝鮮が2月の米朝合意を破棄すると表明したことを受け、北朝鮮国内の核施設に監視団を復帰させる見込みがなくなったと明らかに。写真は3月、板門店で韓国側から撮影した北朝鮮国旗(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ウィーン 17日 ロイター] 国際原子力機関(IAEA)は17日、北朝鮮が2月の米朝合意を破棄すると表明したことを受け、北朝鮮国内の核施設に監視団を復帰させる見込みがなくなったと明らかにした。

北朝鮮は2月の米朝合意で、核実験やウラン濃縮、長距離ミサイル発射の停止で合意。また、モラトリアム(一時停止)の履行確認を目的に、3年前に追放したIAEAの監視団を寧辺の核施設へ受け入れることも合意し、先月にはIAEAとの協議も開始していた。

IAEAのチュドール報道官は、北朝鮮の合意破棄を受けて「われわれが招待を受けて、代表団を送る見込みはないと考えている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up