for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国政府 、米牛肉輸入を当面継続する方針表明

4月25日、米カリフォルニア州でBSEに感染した乳牛が見付かったことを受け、韓国は、米国産牛肉の輸入禁止を当面は行わない方針を表明。写真はソウル市内のスーパーで牛肉を手に取る女性(2012年 ロイター/Lee Jae-Won)

[ソウル 25日 ロイター] 米カリフォルニア州で牛海綿状脳症(BSE)に感染した乳牛が見付かったことを受け、韓国農林水産食品省は25日、当面は米国産牛肉の検疫を強化することで対応し、同国産牛肉の輸入禁止を行わない方針を表明した。韓国政府は一時、事実上の輸入禁止である検疫の中止についても検討していた。

政府当局者は記者団に対し「われわれはどのような措置が必要かを判断するため、米当局に詳細な情報の提供を要請した」と説明した。

韓国国内では、小売大手ロッテ・ショッピング023530.KS傘下のロッテマートと英小売大手テスコTSCO.L傘下のホームプラスが、「消費者の不安」を考慮して米国産牛肉の販売を一時的に見合わせると発表している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up