for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

人民元が対ドルで年初来安値、一段安想定する投資家も

5月25日、上海外為市場で人民元が対ドルで年初来安値を更新した。ドルが幅広い通貨に対し、引き続き上昇する見込みであることから、人民元は一段安になるとみられている。4月26日撮影(2012年 ロイター)

[上海 25日 ロイター] 25日の上海外為市場で、人民元が対ドルで年初来安値を更新した。ドルが幅広い通貨に対し、引き続き上昇する見込みであることから、人民元は一段安になるとみられている。

正午時点で、人民元は対ドルで6.3484元の安値をつけた。これは3月14日につけた年初来安値の6.3471元を下回る水準。

中国経済が予想以上に減速したことも、ここ数週間、元を圧迫している。

上海の欧州系銀行のトレーダーは「銀行とその顧客は、短期的な元の見通しについて弱気な姿勢を維持しており、きょうの取引で元のショートポジションを増やす動きが見られている」と指摘。

「全般的なドル高を踏まえると、人民元がこの水準で下げ止まるとは言えない」と語った。

ドル指数.DXYは25日のアジア取引で、82.411に上昇。2010年9月以来の高水準をつけた。月初来では4.6%上昇している。

オフショアスポット市場の人民元は正午ごろ、対ドルで6.3485元付近と、オンショア市場とおおむね一致する動きとなっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up