for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ダウ250ドル下落、世界的な製造業の減速懸念などで

[ニューヨーク 21日 ロイター] 21日の米国株式市場は大幅安。主要株価指数は軒並み2%近く下落し、一日の値下がりとしては過去3週間で最大となった。世界的な製造業の減速が企業収益を圧迫するとの懸念が広がるなか、売りが膨らんだ。

6月21日、米国株式市場は大幅安。主要株価指数は軒並み2%近く下落し、一日の値下がりとしては過去3週間で最大となった。ニューヨーク証券取引所で撮影(2012年 ロイター/Brendan McDermid)

ダウ工業株30種.DJIは250.82ドル(1.96%)安の1万2573.57ドル。

ナスダック総合指数.IXICは71.36ポイント(2.44%)安の2859.09。

S&P総合500種.SPXは30.18ポイント(2.23%)安の1325.51。

米原油先物相場が昨年10月以来約8カ月ぶりに80ドルを割り込むなど、商品(コモディティ)価格の値下がりにつられてエネルギー・資材関連株が軟調となった。S&Pエネルギー株指数.GSPEは4%下落。海外需要のさえない動きが同セクターの落ち込みにつながったという。

こうしたなか、ゴールドマン・サックスが、S&P総合500種.SPXの目標を1285ポイントと、現在よりも5%程度低い水準に設定し、ショートポジションをとるよう推奨したことも地合いを悪化させたとみられている。

経済指標では、フィラデルフィア地区連銀が発表した6月の製造業業況指数がマイナス16.6と、前月のマイナス5.8から悪化し、10カ月ぶり低水準となった。判断の分かれ目となるゼロを割り込むのは2カ月連続で、新規受注の落ち込みが目立った。

半導体大手のマイクロン・テクノロジーMU.Oが前日発表した第3・四半期(2012年3─5月)決算は、NAND型フラッシュメモリのマージン低下をDRAM価格上昇で補いきれず、最終損益が4期連続の赤字となった。同社株は7.8%急落、他の半導体株もつれ安となってナスダック指数全体を下押しした。PHLX半導体株指数.SOXは4.1%安。

レイモンド・ジェームズ・フィナンシャル(フロリダ州)の首席投資ストラテジスト、ジェフリー・ソート氏は「今週始めにかけて相場は極端に買われ過ぎの状態だったため、一連の材料が売りにつながった」と述べた。

ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高は約 70億株で、昨年の一日平均の78億4000万株を下回った。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         12573.57(‐250.82)

前営業日終値    12824.39(‐ 12.94)

ナスダック総合.IXIC

終値         2859.09(‐71.36)

前営業日終値    2930.45(+ 0.69)

S&P総合500種.SPX

終値         1325.51(‐30.18)

前営業日終値    1355.69(‐ 2.29)

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up