for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペインが銀行支援を正式要請、詳細は7月9日までに決定

6月25日、スペイン経済省は25日、政府が最大1000億ユーロの銀行支援を欧州に正式に要請したと発表した。写真は11日、マドリードで撮影(2012年 ロイター/Andrea Comas)

[マドリード 25日 ロイター] スペイン政府は25日、欧州連合(EU)に対し、最大1000億ユーロの銀行支援を正式に要請した。ただ具体的な額を提示しなかったため、金融市場では不安感が広がっている。

デギンドス経済相は25日朝、ユーログループのユンケル議長に宛てた書簡で、欧州連合(EU)が提供した最大1000億ユーロの支援を受ける意向を示した。支援策の詳細は、7月9日までに最終決定したいとしている。

同経済相は、要請する支援の最終的な額、および支援条件については協議が続いているとし、支援の具体的な規模は示さなかった。ただ、必要となる資本の規模は、21日に公表された国内銀行の外部監査結果に基づき算出するとした。

同監査結果によると、景気の大幅な悪化を想定したストレスシナリオの下で510億─620億ユーロ(640億─780億ドル)の追加資本が必要になる。

ユンケル議長は声明を発表し、スペインから要請を受けたことを確認。「欧州委員会に、欧州中央銀行(ECB)と欧州銀行監督機構(EBA)と手を組み、(スペインの)金融部門に対する必要な政策上の条件について交渉する権限を与える。交渉には、金融支援に伴うEUの国家支援ルールに則ったリストラ計画も含まれる」とした。

スペイン経済省のラトーレ経済担当次官はこの日、EUによるスペインの銀行への支援は3─4カ月以内に実施されるとの見通しを示した。

同次官は、EUからの支援金が直接、銀行に支払われるかは、依然として選択肢の1つとなっているとした。ただこの点について、デギンドス経済相が送付した書簡は、救済資金はスペインの銀行再編基金(FROB)に対して支払われ、同基金から各銀行に分配されるとしている。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up