for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ムーディーズがスペインの銀行の格下げ発表、国債格下げ受け

[ニューヨーク 25日 ロイター] ムーディーズ・インベスターズ・サービスは25日、スペインの銀行28行と2行の発行体格付けの1─4段階の引き下げを発表した。13日にスペイン国債を「A3」から投機的(ジャンク)等級を1段階上回る「Baa3」へ引き下げたことを受けた措置。

6月25日、ムーディーズはスペインの銀行28行と2行の発行体格付けの引き下げを発表した。バルセロナのサンタンデール支店で11日撮影(2012年 ロイター/Albert Gea)

ムーディーズの声明は「銀行は国とのつながりが大きく、スペインの信用力低下は銀行の信用状況の後退を意味する」としている。

また、銀行の商業不動産へのエクスポージャーの規模も引き下げの背景とされた。関連損失は膨らむ見込みで、外部支援要請の可能性が強まることが予想されている。

サンタンデール銀行SAN.MCSAN.Nの長期格付けは「A3」から「Baa2」に引き下げられ、さらなる格下げの可能性があるとされた。

同行の格付けは国債格付け「Baa3」を1段階上回っている。これについてムーディーズは、地理的な多様性や、スペイン国債のエクスポージャーが管理可能であることをあげている。

同行はブラジルを含め中南米で幅広く事業を展開している。新興国市場の多くは成長しており、これが先進国の低迷の相殺に寄与しているという。

BBVABBVA.MCの長期格付けは「A3」から「Baa3」に、バンキアBKIA.MCの長期格付けは「Baa3」からジャンク等級の「Ba2」に引き下げられた。

スペインはこの日、欧州連合(EU)に正式に銀行支援要請を行った。ただ具体的な額は提示されておらず、投資家の間では金融セクターに対する懸念が再燃している。

ムーディーズは、銀行問題が解決するまでスペイン経済のリセッションからの脱却は困難とみている。

ムーディーズは5月にもスペインの銀行16行の格下げを発表している。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up