for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の上半期のGDP成長率、7.5%超の見通し

6月27日、中国の工業情報省の朱宏任・総工程師は、同国の今年上半期のGDP成長率が7.5%超になるとの見通しを示した。写真は1日、上海で撮影(2012年 ロイター/Carlos Barria)

[北京 27日 ロイター] 中国の工業情報省の朱宏任・総工程師は、山東省済南で開かれた会合で、中国の今年上半期の国内総生産(GDP)成長率が7.5%超になるとの見通しを示した。ただ、経済は引き続き下振れ圧力に直面するとしている。27日付の済南時報が伝えた。

5月にロイターがまとめたアナリスト予想では、第2・四半期のGDP成長率は前年比7.9%、通年で8.2%となっており、これは1999年以降で最も低い水準。

朱総工程師は会合の中で、上半期の成長ペースは2012年の政府目標に沿っているとしたが、さらなる成長減速を食い止めるため政府が迅速に対応しなければならないと述べた。

朱総工程師は、「中国の現在の経済状況は総じて安定しており、成長率は政府が今年に入って設定した目標の圏内」としている。

朱総工程師はまた、中国にはまだ2008─2009年のような突然の景気減速は到来していないとしているが、需要の弱さと供給過多で企業は次第に困難に直面し始めていると述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up