for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

6月企業物価は前年比‐1.3%、3カ月連続のマイナス=日銀

7月11日、日銀が発表した6月の企業物価指数速報によると、国内企業物価指数(2010年=100.0)は前年比で1.3%低下し、3カ月連続でマイナスとなった。写真は昨年1月、川崎市で撮影(2012年 ロイター/Issei Kato)

[東京 11日 ロイター] 日銀が11日発表した6月の企業物価指数(CGPI)速報によると、国内企業物価指数(2010年=100.0)は前年比で1.3%低下し、3カ月連続でマイナスとなった。

欧州や中国経済の減速を背景とした原油や鉄鋼、非鉄金属の価格下落が響いた。ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年比マイナス1.0%だった。

前年比での低下幅は2010年3月以来の大きさで、3カ月連続でのマイナスは2010年2─4月以来。下落した品目数は473(全体の57.5%)となり、上昇品目(273)を上回った。下落品目の数が上昇品目を上回るのは4カ月連続。

品目別では、鉄鋼が6.8%下落、情報通信機器が9.9%下落、非鉄金属が10.4%下落、化学製品が2.7%下落した。一方、電力・都市ガス・水道は10.9%上昇、農林水産物は5.6%上昇した。農林水産物ではしらす干し(70%)などが上昇した。

輸出物価(円ベース)は前年比で4.3%下落、輸入物価(円ベース)は前年比3.1%下落した。輸入物価は2カ月連続で下落し、2009年11月以来のマイナス幅となった。

今回から5年に1度の基準改定に伴い、2010年基準を採用。これまでは2005年平均を100として公表していたが、10年平均を100としている。基準改定に伴い、2011年1月から2012年4月までの企業物価指数は平均で前年比0.5ポイント下方修正された。12年5月確報は新基準で前年比0.7%下落し、旧基準より0.2ポイント下方修正された。

(ロイターニュース 竹本能文;編集 山川薫)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up